記事一覧

カテゴリ 掲載記事一覧

有料老人ホームとは?

有料老人ホームとは、老人福祉法によって定められている施設のひとつです。特別養護老人ホーム・老人保健施設・介護療養型医療施設や認知症対応老人共同生活等の入所施設サービスの事で、入所費用に介護保険が適応されます。

有料老人ホームの種類

高齢化が進むにつれ、終の住処の選択肢のひとつとして有料老人ホームの入所を検討されている方もおられます。有料老人ホームには介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームの3種類の形式あります。

特別養護老人ホームとの違い

老人介護施設には特別養護老人ホーム(以下、特養)や養護老人ホーム、老人保健施設やグループホーム(認知症老人共同生活介護)、ケアハウス(軽費老人ホーム)、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、さまざまな種類があります。

看護師が求められる役割

看護師の活躍できる職場は、病院やクリニックのような医療機関だけでなく様々な領域で広がっています。日本では高齢化が今までにないスピードで進んでいますから、その事に対応できるように老人ホームが増加しています。

入所している方ってどんな方が多い?

高齢化社会に伴って、特別養護老人ホーム(以下、特養)や有料老人ホームなどの老人介護施設が数多く増設されています。有料老人ホームには、介護付有料老人ホーム・住居型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームがあります。

看護師の仕事内容

看護師が必要とされている職場は、病院やクリニックのような医療法人だけではなく様々な領域に広がっています。最も需要がある職場は高齢化社会に向けて増加しているの老人介護施設ですが、ここでは有料老人ホームの仕事内容を取り上げます。

給料はどのぐらい?

有料老人ホームでの看護師の勤務形態は常勤・非常勤(パート・アルバイト)・短期派遣があります。有料老人ホームは老人介護施設のひとつですが、病院で勤務していた時の給料と比較すると低い事が多いです。

求人の探し方

看護師が転職を考えた際に転職先を探しだす方法としては、ハローワークや人が多く集う所に設置されている求人雑誌、新聞のチラシに挟まれている求人広告、友人からの紹介などがあります。

准看護師でも働ける?

2006年度に診療報酬が改定され、以前より質の良い看護が提供できるよう、また看護師の労働負担を軽減できるよう看護師の配置基準が7対1制度が導入されました。

有利な履歴書・面接対策

転職を成功させるには、履歴書で自分が「この施設にメリットがある人材か」をアピールし、面接で履歴書を基にして自分を印象付ける事ができるかが鍵になります。履歴書には自己PR欄・志望動機欄がありますが、得意でない看護師もおられるのではないでしょうか。

有料老人ホームで働くメリット・デメリット

有料老人ホームではメリットもデメリットもいろいろあります。例えば、夜勤がないので給料が下がることがデメリットですが、その反対に夜勤がないので家庭と仕事が両立できるといったメリットもあります。いろいろなメリット・デメリットを紹介しています。

有料老人ホーム 看護師の医療行為

有料老人ホームでの看護師医療行為について、気になる方も多いと思います。病院から有料老人ホームへ転職される方、復職先として選ばれる方と色々な方がいらっしゃると思いますが、どういった医療行為があるのでしょうか。

有料老人ホームの看護師バイト探し

日勤メインの職場として人気の有料老人ホーム。アルバイトで働きたいと思われている看護師さんも多くいらっしゃると思います。実際に求人を探す際は、人材紹介会社の利用が便利ですね。

病院と有料老人ホーム、どっちがいい?

看護師の転職先候補として、色々あると思いますが、病院への転職と有料老人ホームへの転職で迷っている看護師さんもいらっしゃるかもしれません。どちらへ転職した方がメリットが多いの?と検討されているのではないでしょうか。

24時間介護付有料老人ホームでの看護師の仕事

24時間介護付有料老人ホームでの看護師の仕事内容・役割についてお伝えします。有料老人ホームは大きく3種類に分かれます。介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームですね。

高齢者施設における看護師の役割

高齢者施設には介護付老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどがありますが、看護師の役割は概ね共通しています。それは入居者の健康管理と健康相談です。