有料老人ホーム 看護師

老人福祉法の施設のひとつ

有料老人ホームとは、老人福祉法によって定められている施設のひとつです。

老人福祉法第29条には「老人を入居させ、入浴、排せつ若しくは食事の介護、食事の提供又はその他の日常生活上必要な便宜であって厚生労働省令で定めるものの供与(他に委託して供与をする場合及び将来において供与をすることを約する場合を含む。)をする事業を行う施設である。

老人福祉施設、認知症対応型老人共同生活援助事業を行う住居その他厚生労働省令で定める施設でないもの」と定められています。

ここで記されている老人福祉施設とは、特別養護老人ホーム・老人保健施設・介護療養型医療施設や認知症対応老人共同生活等の入所施設サービスの事で、入所費用に介護保険が適応されます。

しかし有料老人ホームには介護保険が適用されませんが、道府県の事業者指定を受ければ「特定施設入居者生活介護」として介護サービスを提供する事ができます。

有料老人ホームはホームによって提供されているサービスが様々ですので、利用者自身の介護度や要望に合ったのホームの選択が可能です。

有料老人ホームの種類

有料老人ホームには「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」の3種類の形式があります。

介護付き有料老人ホームは「特定施設入所者生活介護」指定を受けた有料老人ホームで、入所後に介護が必要な状態になっても特別養護老人ホームと同様のサービスを受ける事ができます。

住宅型有料老人ホームは、食事の提供や日常生活に必要な支援を受ける事ができ、介護が必要な状態になった場合には、外部の介護サービス事業者と契約する事で訪問介護や訪問看護、デイサービス(通所介護)等の在宅支援サービスを受ける事ができます。

健康型有料老人ホームは食事の提供は行われますが介護サービスの提供は行われませんので、日常生活が自立している方が対象となります。

介護が必要となった場合は退所しなくてはなりませんが、ホームによっては提携している介護付き有料老人ホームに転居できる場合もあります。