有料老人ホーム 転職

有料老人ホームは3種類

有料老人ホームは老人福祉法によって定められた施設で、60歳以上の高齢者が対象の入所施設です。

高齢化が進むにつれ、終の住処の選択肢のひとつとして有料老人ホームの入所を検討されている方もおられます。

有料老人ホームには介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームの3種類の形式あります。

介護行き有料老人ホームの類型は、介護保険で定められている「特定施設入所者生活介護」の指定を受けた施設と 「外部サービス利用型特定入居者介護」があります。

特定施設入居者生活介護の施設では、掃除や洗濯等の家事、食事や入浴、排泄などの日常生活に必要な介護サービスを施設の介護職員が365日24時間体制で行います。

外部サービス利用型特定施設入所者生活介護の施設では、施設の介護職員は入所者の安否確認や支援サービス計画を制作するのみで日常生活で必要な介護サービスは委託先の訪問介護の事業所が提供します。

介護付き有料老人ホームは日常生活の介護サービスの提供だけではなく、その他にも健康相談やリハビリ、行事やイベント、レクリエーションなども行われていますので、特別養護老人ホームに近い介護を受ける事ができます。

介護施設で生活する方が安全

介護付き有料老人ホームの中には「介護専用」形式と「混合」形式があり、「介護専用」形式では介護認定で要介護1以上の方が入所対象で、「混合」形式では要介護度や身体状態が関係なく入所する事ができます。

住宅型有料老人ホームは、日常生活に必要な生活サービス(食事の提供)等が行われます。

入居者の意思で必要であれば、要介護認定後に訪問介護(ホームヘルプサービス)や訪問入浴、デイサービス(通所介護)などを利用できますので入所後に介護が必要になっても生活の継続ができます。

健康型有料老人ホームは日常生活が自立している方を対象にした有料老人ホームで、利用料金が比較的安価ですが介護が必要になった場合には退所を余儀なくされます。

独り暮らしよりも施設で生活する方が安全で暮らしやすいからと健康型有料老人ホームに入所される方もおられます。