有料老人ホーム 医療

老人ホームの入所者に合わせた支援

看護師の活躍できる職場は、病院やクリニックのような医療機関だけでなく様々な領域で広がっています。

日本では高齢化が今までにないスピードで進んでいますから、その事に対応できるように老人ホームが増加しています。

老人ホームにはさまざまな種類があり、もっとも知られているものでは施設サービスである特別養護老人ホーム (以下、特養)や有料老人ホーム、老人保健施設、在宅サービスであるデイサービス(通所介護)やホームヘルプサービス (訪問介護)などがあります。

その中でも特養や有料老人ホームは「日常生活の場」であり「終の住処」と言われています。

基本的には持病を抱えておられても状態が安定した方が入所されていますが、 入所が長くなると認知症が進行したり日常生活に必要な体力が衰えてきたりと介護度が重度化します。

さらに介護度が重度化すると医療的な対応も必要ですので、介護職員だけでは対応できませんので看護師の役割が重要になります。

有料老人ホームで生活をされている方は、介護が必要な方ばかりではなく自立されている方も生活されていますから、 入所者一人ひとりのニーズに合わせた支援が必要です。

介護施設ではスタッフ同士の連携が大事

老化による体力的な衰えや健康状態の低下は誰にでも起こりますから、看護師には生活の中で入所者にバイタルチェックや問診を行って病気を早期に発見し、介護予防やリハビリを行う事で介護度の重度化を抑制する働きも期待されています。

最近は、介護度が高い方が入所できる介護施設が増加し、有料老人ホームでもインシュリン注射や胃ろうなどの医療行為が必要な入所者にも対応しなくてはなはいけません。

ですので、介護職員だけで判断する事が難しい時に相談・対応が可能な看護師が勤務する事は大変頼もしく、 入所されている方の家族も安心として任せる事ができるのです。

有料老人ホームでの看護師の役割は、医療的な対応だけではありません。

ホームにはいろいろな職種(介護職員、理学療法士、医師など)と連携が不可欠で、 看護師も介護職員と同様に入浴介助や食事介助、排泄介助などを行うことを理解しておいて下さい。