有料老人ホーム 介護

老人ホームの施設により様々

高齢化社会に伴って、特別養護老人ホーム(以下、特養)や有料老人ホームなどの老人介護施設が数多く増設されています。

有料老人ホームには、介護付有料老人ホーム・住居型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームがあります。

有料老人ホームは60歳から65歳以上で、共同生活が可能な方が対象です。

介護付有料老人ホームは施設により条件が違う事もありますが、介護専用型のホームでは介護認定で要介護1以上と判定された方が対象、混合型のホームでは自立から要支援・要介護と判定された方が入所されています。

入所者に対する食事の提供や入浴・排泄の介助(身体介護)、掃除・洗濯など(生活介助)は施設に勤務している職員で行われます。

また、結核やMRSA等の感染症や胃ろう等の経管栄養法で食事摂取をされている方、バルーンやストーマを設置されている方や吸引・在宅酸素など医療行為が必要な方でも病状が落ち付いていれば対応できる施設もあります。

特養は、医療行為が必要な方は入所を断られる事もありますが、介護付有料老人ホームは重度の方でも対応している施設が多いです。

住宅型有料老人ホームでも施設によって条件が違う事がありますが、自立されている方から介護認定で要支援・要介護と判定された方が対象になります。

生活に不安がある方には安心できる介護施設

介護付老人ホームは入所者の日常生活に必要な介護を施設職員のみで対応することに対して、住居型有料老人ホームでは食事の提供や施設生活の相談には対応していますが、身体介護や生活介護は、外部の介護サービス事業者や訪問介護事業者に入所者個人が契約する事で対応します。

健康型有料老人ホームは、生活が自立していて介助の必要が無い方が対象の施設です。

自立している方が対象の施設ですので、ビリヤード台や麻雀ルーム、カラオケ室や映画鑑賞ルームなど活動的に日常生活が過ごせるように工夫されています。

家事の提供はされますが、日常生活に介助が必要になれば退所しなくてはならなくなりません。

健康型有料老人ホームには同世代の方も多く入所されていますので、自立していても在宅で独りでの生活に不安がある方には安心できる施設でしょう。