有料老人ホーム 健康

老人ホームでの医療的な対応

看護師が必要とされている職場は、病院やクリニックのような医療法人だけではなく様々な領域に広がっています。

最も需要がある職場は高齢化社会に向けて増加しているの老人介護施設ですが、ここでは有料老人ホームの仕事内容を取り上げます。

看護師が必要とされている有料老人ホームは、介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームです。

介護付き有料老人ホームには、一般型特定施設入所者生活介護と外部サービス利用型特定施設入所者介護があります。

一般型特定入所者生活介護は施設内の職員のみで食事や入浴など日常生活に必要な介護サービスを行う施設で、 この常勤職員の一員として看護師が働くことになります。

看護師の仕事は健康管理(バイタルチェックや服薬管理、ケガや打ち身などの簡単な医療処置など)、 健康相談や指導など、医療的な対応が主な仕事内容です。

高齢者は老化による体力の衰えや少しの変化で調子を崩しがちですので、しっかりと健康管理しておく事で病気などを早期に発見する事ができます。

介護施設の看護師は連携役として活躍する

また、主に介護職員が行っている身体介護(排泄・入浴・食事介助など)や生活支援(洗濯・掃除など)、イベントやレクリエーションも催されますので、看護師でも介護職員と共に介助に当たることもあります。

介護職員と一緒に日々の介助を担う事は、コミュニケーションを通しての入所者の観察や見守りに繋がりますので看護師にとって大切な仕事のひとつです。

外部サービス型特定施設入所者介護と住宅型有料老人ホームは、一般型特定施設入所者生活介護とは違って、 施設職員は食事の提供と緊急時の対応などを行います。

入居者の中には、それぞれが担当しているケアマネージャーが付いて相談の上で介護サービスを受けていますから、 看護師は施設職員の一人として、外部の事業所(ホームヘルプサービス(訪問介護)やデイサービス(通所介護)など) との連携役として活躍することが重要です。

外部サービス型特定施設入所者介護と住宅型有料老人ホームは、生活支援・身体介助を行う事は少ないですが、 日頃から入居者の健康状態を把握おくことは必須でしょう。

さらに詳しく特定施設などでの看護職員の仕事内容、職場の雰囲気などについて知りたい場合には看護のお仕事ナースフルといった看護師紹介会社を利用する事で、転職コンサルタントから現場の情報を得ることが出来ます。

転職する決断はまだだけれど、職場での看護師の役割、仕事内容について知りたい、といったリクエストも可能です。
こうした看護師転職サイトの利用は無料ですから、お仕事に興味のある方はまずは無料登録をされてみてはいかがでしょうか。

サポート力に高い評価、看護のお仕事はこちら