有料老人ホーム 志望動機

老人介護施設施設は日常生活の場

転職を成功させるには、履歴書で自分が「この施設にメリットがある人材か」をアピールし、 面接で履歴書を基にして自分を印象付ける事ができるかが鍵になります。

履歴書には自己PR欄・志望動機欄がありますが、得意でない看護師もおられるのではないでしょうか。

自己PRではついつい自分が得意なことや自慢できる事を書いてしまいがちですが、 求人側が必要としない情報では役には立たない事が多いようです。

そこで自己PRは、転職先が望んでいる技術や経験をアピールするようにします。

その為には求人先に応募する時に給料や待遇面の交渉だけでなく、求人先がどのような支援に力を入れているのか、 求人先の理念などを知っておく必要があります。

このような求人先の情報を知っておく事は、自己PR欄だけでなく志望動機欄を記入する時や面接対策にもなります。

また、自己PRに自身の長所や性格を記入する場合は、自分の視点ではなく周囲の意見を取り入れるなど客観的に記入するように心掛けましょう。

看護師が介護業界に転職する時に大事なのは、医療行為の技術の高さをアピールする事はもちろんですが、 老人介護施設では「日常生活の場」という意識を強くもって転職に望む事をお勧めします。

看護師に求めるもの

介護業界では医療的技術の高さよりも豊かな感性や人格、コミュニケーション能力を兼ね備えている人材を求めています。

看護職と介護職には軋轢があり、看護職は医療行為のみ行って介護職が大変な時でも手を貸してもらえない施設も存在します。

看護職から介護職に転職に成功した看護師は、前職との仕事内容のギャップに戸惑われる方もおられます。

老人介護施設で一番大切な事は、入所者一人ひとりに対して必要な支援を提供できるか、楽しく日々を過ごせるかだとと思います。

独力で履歴書の制作や面接対策が困難と思われる方は、看護師転職サイトに登録する事をお勧めします。

看護師転職サイトでは、登録する事で履歴書の添削や面接へのアドバイスを受ける事が可能になり、転職に成功しやすくなります。