有料老人ホーム 医療行為

有料老人ホームでの看護師の医療行為について

有料老人ホームでの看護師医療行為について、気になる方も多いと思います。

病院から有料老人ホームへ転職される方、復職先として選ばれる方と色々な方がいらっしゃると思いますが、どういった医療行為があるのでしょうか。

施設で行う事ができる医療行為には制限(点滴や注射、リハビリなどは可能)がありますが、医師の指示の下では医療行為を行う事が出来ます。

看護師としてどういった医療行為を行うかは、勤めることになる有料老人ホームによって異なってきます
もし、このくらいの医療行為はしていきたい、といった希望などがある場合には、それに見合った仕事内容が出来るホームを紹介してもらうと良いでしょう。

有料老人ホームの看護師求人はこちらのページで見つけやすい人材紹介会社をご紹介していますのでご覧になってみてください。

経管栄養、インシュリン投与、透析、たん吸引など日常的に医療行為が必要な方は入居先として併設病院がある施設を選択される事が多いです。
また、24時間、看護師が常駐している施設なども、こうした医療行為は増えてくるでしょう。
(つまり夜勤があると言うことになります)

とはいえ、常時の医療行為が必要な状態となった場合には入院して治療し、回復したら有料老人ホームで生活を継続する事になります。

有料老人ホームによってどういった医療行為があるかは、異なりますので、転職を検討する際に気になる看護師さんは、人材紹介会社を通して確認されると良いでしょう。