24時間介護付有料老人ホーム 看護師の仕事

24時間介護付有料老人ホームの仕事内容・役割

24時間介護付有料老人ホームでの看護師の仕事内容・役割についてお伝えします。

有料老人ホームは大きく3種類に分かれます。介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームですね。

健康型は元気な高齢者が入居する施設、住宅型は外部の介護サービスを利用しながら入居する施設、そして介護型は、その施設の介護スタッフから介護サービスを受けられる有料老人ホームを言います。

寝たきりの高齢者も入居しているのが介護付有料老人ホームですから、最も看護師が必要とされる施設ではないでしょうか。

そんな24時間介護付有料老人ホームでの看護師の仕事ですが、入居者の健康管理、通院の付き添い、胃漏や胃の洗浄、注射、服薬管理、酸素吸引などがあります。軟膏を塗ったり、傷を消毒する処置も業務内容ですね。

施設によって仕事内容・役割は異なるので上記が全てではありませんが、基本的には健康管理と簡単な医療行為がメインとなるでしょう。

また周囲の介護福祉士、ヘルパーと共に介護業務を行うこともあります。その場合は排泄の世話、食事介助、入浴介助も仕事内容となりますね。

介護業務は慣れるまで抵抗を感じる看護師も多いですが、その分仕事のやり甲斐、充実感を感じる機会も多いようです。高齢者から感謝の言葉を掛けられたり、笑顔を見ることで疲れが吹き飛ぶ、という感想を持っているナースもいます。

夜勤ありの介護付有料老人ホームが多いです

尚、24時間体制の施設ですから、夜勤が含まれることが多いです。その場合は看護師紹介会社の求人項目に『夜勤あり』という表記が見られますね。

夜勤がない場合はオンコール体制を取っている介護付有料老人ホームが多いので、合わせて確認して頂ければと思います。

24時間介護付有料老人ホームで仕事を行う上で重要なのは、入居者とのコミュニケーションです。有料老人ホームは生活の場ですし、特に介護付有料老人ホームは寝たきりの高齢者も多いので、コミュニケーションが非常に大切になりますね。

些細な仕草で入居者の意志をくみ取ることが出来る、表情の変化で言いたいことが分かる、そのようなスキルが大切になるでしょう。

病棟勤務と異なり、退院という概念がありませんので、一人一人と接する時間が長くなりますから、自然に意思疎通を出来る環境にはありますね。

高齢者と接することが好きな看護師にとって、非常にやり甲斐を感じられる仕事と言えますので、ぜひ積極的に24時間介護付有料老人ホームの求人募集を探してみて下さい。