高齢者施設 看護師の役割

高齢者施設の看護師の役割について

高齢者施設には介護付老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどがありますが、看護師の役割は概ね共通しています。それは入居者の健康管理と健康相談です。

高齢者施設に応じて医療行為の範囲に違いがありますし、施設によっても異なりますが、基本的に健康管理・健康相談の中に、看護師の役割は含まれると言えるでしょう。

・バイタル測定、血糖値測定
・インシュリン注射
・服薬管理、処置
・胃ろう
・留置バルーンの洗浄・交換
・ストーマの管理

などが挙げられますね。他に医師との連絡業務や施設外診療の補助、施設内の衛生管理も看護師業務に含まれることが多いです。

また、高齢者施設の方針によっては、看護師も介護業務を担うことがあります。入浴介助、排泄介助、食事介助などです。ただし介護業務は介護士メインで担当すると思いますので、補助的な業務になることが多いでしょう。

高齢者施設の経験はムダにならない?

看護師として高齢者施設に長く勤めると、病院勤務に復帰しづらいと言われます。

確かに病棟や外来の仕事とは異なりますし、看護師のスキルとしても新たな技術を身に付けるというより、今までの臨床経験をベースにした仕事が多くなりますが、それでも高齢者施設の経験はムダにならないのではないでしょうか

あまりに長い年月働く場合は、もしかしたら病棟復帰が難しくなるのかもしれませんが、様々な現場で看護師として経験を積むことで、より幅広く対応できるようになると思います。

もし病棟復帰が難しくても、高齢化社会はまだまだ続きますので、介護施設から介護施設への転職、訪問入浴や訪問看護施設への転職も考えられますね。

その中には総合病院や大学病院よりも給与が高い求人があるかもしれません。

特に有料老人ホームは入居者が高いお金を支払って入居する分、看護師の給与も高額になりやすいので、まずは人材紹介会社に登録した上で求人探しを行ってみて下さいね。