有料老人ホーム 看護師の年収

有料老人ホーム看護師の年収

有料老人ホームへ転職をする看護師が増えています。

高齢者が増えたことで有料老人ホームでの看護師の需要が高まり、病院に比べて職場環境も比較的良好であるため、有料老人ホームへの転職を考える看護師は多くいます。

職場環境は問題ないとしても、気になるのは収入面の問題です。

それほどに人気のある職場なら、給料も高いのではないかと気になるものです。

ただ、結論から言えば、残念ながら有料老人ホーム看護師の給料は病院看護師の給料よりも安くなる傾向にあります。

月収で言えば、25〜27万前後が平均的な有料老人ホームの給料で、非常勤の場合には時給1,800〜2,000円程度の金額になります。

年収で言えば、300万〜370万ほどが有料老人ホーム看護師の平均的な年収になり、病院の看護師に比べていくらか差が開いていることになります。

有料老人ホームが人気の理由

有料老人ホームの看護師の給料が病院の看護師の給料よりも若干低下する原因は、夜勤や残業にあります。

病院看護師の給料の基本給はそれほどに高いものではありませんが、その分、資格、夜勤、残業などの各種手当がつき、相応の給料になります

しかし、有料老人ホームの看護師には夜勤や残業が原則的にないため、それらの手当がつかなくなり、結果的に給料面で病院の看護師の給料よりも安いものとなってしまいます。

では、なぜ今、有料老人ホーム看護師への転職が盛んに行われるのでしょうか?

人気の理由は、給料面よりも職場環境や勤務形態があると言っていいでしょう。

有料老人ホームへの転職を考える看護師の多くは既婚者や育児に励む看護師が多く、出来るだけ時間を作りたいと考える看護師になります。

家庭と仕事を両立させるためには、仕事の時間をいくらか割き、その分を家庭や育児に充てることが必要になります。

2交代や3交代で勤務する病院の場合には、そうしたことが意外に難しいため、環境を変えることで、出来るだけ時間を作ろうとする結果、有料老人ホームへの転職が増えることになります。

また、業務内容も病院に比べて比較的軽微であると言うのも、有料老人ホーム看護師の転職が多い理由の一つであると言えるでしょう。