有料老人ホーム 看護師の役割

w

有料老人ホームのナースの役割とは?

昨今、高齢者が増えたことで介護の問題があちこちで話題になります。

自宅介護を希望する方も少なくはないですが、介護と言うのはそれほどに簡単なものではなく、寝たきりの高齢者の介護だけでも相当な労力が必要になります。

家族にかかる負担は非常に大きく、仕事をしながら介護をするなどは現実的なものではありません

事実、介護を巡っての悲しい事件や家庭不和と言った話は多く、介護がいかに難しい問題であるかと言うことが伺えます。

介護への関心が高まったことで有料老人ホームなどの存在が目立ち、利用者も多くなっています。

高齢者が多くなっている状態ですから、有料老人ホームの需要も高く、高齢者の健康管理などを行なう必要があるため看護師の配置が義務付けられています

有料老人ホームで働く看護師の役割は、施設を利用する高齢者の健康を管理することにあります。

病院で勤務している場合には入院患者のケアや治療、診察のサポートをする事が看護師の役割となります。

看護師の役割は非常に重要です

有料老人ホームでの勤務の場合、専門知識は必要ですが高い医療技術はほとんど必要なく、高齢者の健康を管理することが役割になります。

バイタルチェックや食事、服薬の管理、近隣医療機関との連携を取り、万が一の際には状況説明などを行なうなど利用者が安心して過ごすことが出来る環境を整えるのが有料老人ホーム看護師の役割になります。

また、利用者が安心して日々を穏やかに過ごすためには、日々の生活の介助も必要になります。

有料老人ホームで働く看護師は、健康管理のほかに日々の生活の介助をする事も大切な役割になります。

病院のように即座に命の危険がある患者の搬送などはありませんが、その分、日々の健康管理をきちんと行なわなければ、それこそ高齢者の命が危険に晒されてしまうことになります。

そういう意味では、有料老人ホームで働く看護師の役割は非常に重要なポジションであるとも言えるでしょう。

ただし、医療技術などをそれほどに必要としないため、病院に比べて業務も軽微であることから転職を考える看護師も多くいます。